農園名
関ファーム
農園プロフィール
カリフラワー栽培を中心とした営農をしています。作物をどうサポートしていけるのか、作物に対してどうやっていいパスを出せるのかを日々考えています。植えた苗をなるべく多く市場に出すこと、見送らせてもらうのが私の農園がやるべきこと、やりたいことです。
営農地域
松本市新村
主な販売品目
カリフラワー、グリーンリーフ
主な販売先
JA 地元レストラン
経営規模
140a
農地(購入地/借地/自家用地)
先祖代々の自己所有農地75a その他は借地
家族構成
父、母、本人、犬
農業従事者
本人、両親、定植、収穫スタッフ計12名
農業機械、施設など
トラクター(32馬力、33馬力、65馬力)、ブロードキャスター、マルチャー(8馬力)、畝間用除草管理機(6馬力)、リモコン動墳
育苗ハウス(4.5m×33m)、出荷調整場は祖父が建てた元畜舎を活用
農業機械、施設等の入手経緯や方法
トラクター、ブロードキャスターは地域の組合で共同購入、利用をしている。その他はなるべく型落ち品を狙って購入している。
就農しようと思ったわけ
20代後半で体調を崩し自宅療養中のところ、定年退職した父がはじめた農業を手伝いだし、現在まで続いている。今まで一緒に過ごした作物たちを出荷させてもらう時、見送る時ハッピーだったから。農業で食っていけることは自分にとって金銭的とは別のリッチさを感じたから。
農業技術の習得
父、近所の篤農家さん、JAの技術員、種苗会社のエンジニア、ぷ組勉強会、土の会、書籍やインターネット
研修など
経験はありません。
栽培作物を選んだ理由
上述のとおり父が選んだ作物を今でも引き継いで愛させてもらってます。どの作物でも言えますがカリフラワーも同じ品質で安定的に継続して栽培することはほんとに難しい。だから面白い。
土、周りの尊敬できる仲間、先輩、上高地が恵んでくれる潤沢で綺麗な水、畑の環境(気候や湿度含む)、愛しやすいアルバイトさんなどその他たくさんの助けにより今後もかわいいカリフラワー作らせてください。これからも選ばせてもらいます。
利用した資金制度
資金調達はしたことがありません。大きな投資は今の所なく、就農前からの預金でキャシュフローを回しはじめました。
農地の見つけ方
JAを通じて足りない農地を見つけていただきました。地元民ということもありスムーズに進みました。
農業に取り組む上で大切にしていること、今後の目標など
健康一番すね。作業中以外でもなるべく体を動かすように自転車で移動したり、ムエタイ(タイのボクシング)をやったり定期的にヨガ教室にも通っています。 農業の情報に触れた時信じない、疑わないことを基本にしています。どんな篤農家さんだろうと、大先生だろうと我が畑で作物を作った経験はないし、その理論や知識が私の畑で合うのかどうかはわからない。現に私の畑では土の化学性のスペシャリストさんがおっしゃってることとは別のことが起こっています。尊敬させていただきながら情報とは並列に、冷静にお付き合いさせてもらい、自分の畑で起こったことを記録していく。
就農希望者の受け入れ
お茶飲みに来てください。
就農希望者へのメッセージ
やりたいことはやっちゃえばいいじゃないすかと思ってます。農業を必要以上にリスペクトしたり見下すことに共感できません。
みなさんが他の業界で経験された職業や役割と同じく農業も素晴らしい仕事です。だめになったらやめればいいし、今後は作物を育てるスキルが今までよりも一層資産になると思います。豊かな人生共に歩みましょう!!
連絡先
農園主氏名
関 健治
農園郵便番号
390-1241
農園住所
長野県松本市新村772-1
農園電話番号
090-5906-5214
農園メールアドレス
tinnen77777@gmail.com