農園名
TATESHINA.87.Company
農園プロフィール
茅野市北山、朝倉山の麓で、トルコギキョウとラナンキュラスを栽培しています。
農業の経験も知識も全くないゼロスタートですが、のんびり花に癒されながらやっていきたいと思います。
営農地域
茅野市北山
主な販売品目
トルコギキョウ、ラナンキュラス
主な販売先
(株)フラワースピリット
経営規模
パイプハウス 100坪3棟、連棟200坪2棟 合計700坪
農地(購入地/借地/自家用地)
すべて借入
家族構成
妻、長女、長男
農業従事者
本人、妻、妹、義父、アルバイト3人
農業機械、施設など
STXパイプハウス 間口6.6m奥行50m 3棟、
コンクラパイプハウス2連棟 2棟、
6坪冷蔵庫 2棟
トラクター2台
軽トラ、軽ワゴン
管理機
出荷作業用ハウス
農業機械、施設等の入手経緯や方法
トラクターは中古の22馬力ではパワー不足のため、24馬力の新車購入。 連棟は中古で、ばらして運び、移設。 残りの設備はすべて新規購入
就農しようと思ったわけ
会社員は、安定しているようで安定しておらず、働き甲斐があるようでないと感じるようになってしまい、退社を決意。
何をしようか考えた時に、農業なら、以前勤めていた時の経験と知識を活かせると思ったから。
就農までのドタバタ劇
国の支援事業等の条件に、新規就農し経営を開始する時の年齢が、概ね45歳未満となっているものがほとんどで、逆算したら、就農するための準備に2年半しか時間がないことになり、少しは遊びたかったので、急いで会社を辞めました。
食品メーカーに勤めていたので、その経験を活かして何か作ろうという事は決まっていましたが、何を作るのかは全く決まらず、栽培品目選定とその基礎的な勉強のため、長野県農業大学校の実践経営者コースに入学すことに決め、受験前に、学校に通うために
農業技術の習得
長野県農業大学校の実践経営者コースで1年間。
その後、フラワースピリットの本部で1年間。
研修など
信州ぷ組勉強会、土壌分析土の会
栽培作物を選んだ理由
標高1,000mの夏場の冷涼な環境を活かせるからトルコギキョウを。
12月から3月まで出荷のできるラナンキュラスと組み合わせ、年中休みなく仕事があるから。
利用した資金制度
青年等就農資金
農地の見つけ方
義父の同級生やご近所さんから。
義父がいなかったら、借りられなかったと思います。
連絡先
農園主氏名
齊藤 祐一
農園郵便番号
391-0301
農園住所
長野県茅野市北山
農園電話番号
090-5459-7486
農園ファクス番号
0266-55-6170
農園メールアドレス
kitayama87.company@gmail.com