農園名
農園 縁側
農園プロフィール
標高1000m 長野県原村で農業をしています。
フルーツほおずき や トウモロコシ、ニンニク等を栽培・販売しています。
営農地域
長野県諏訪郡原村
主な販売品目
フルーツほおずき にんにく トウモロコシ ミニトマト えだまめ キャベツ ジャガイモ などなど。
主な販売先
原村高原朝市、ひまわり市場(北杜市)、八ヶ岳村(ネットショップ)、星野リゾート等
経営規模
7.5反とハウス4棟
農地(購入地/借地/自家用地)
借地
家族構成
独身
農業従事者
私と仲間5名
農業機械、施設など
ハウス4棟,管理機
農業機械、施設等の入手経緯や方法
すべてお借りしています。
就農しようと思ったわけ
知人から頼まれたので。
就農までのドタバタ劇
知人から頼まれ、渋々始める。
やってみたら、奥深さに惹かれ夢中になっていく。
今はとにかく面白いです。
農業技術の習得
原村のセロリ農家、富士見のほおずき農家を手伝いながら教わる。
安曇野パーマカルチャー塾にて自然農を教わる
あとは独学です。
研修など
必要だと感じた勉強会に参加
栽培作物を選んだ理由
ほおずきは知人から苗をわけていただいたことがきっかけです。
食べる品種があることも知りませんでした。
最初は、多品目栽培の中の一品目にすぎませんでした。

3年が経ってから、知人に今後の方向性を相談したところ
「悩んでないで、ほおずきを作んなよ」と叱られ
この時にはじめて 僕=ほおずき のイメージが周りに定着していることに気づきました。
そこで、腹をくくって、ほおずきを主要品目にしました。
利用した資金制度
特になし
農地の見つけ方
最初にお世話になったセロリ農家さんからお借りする。
友達の送別会で知り合った、おっちゃんから紹介される。
星空の映画祭というボランティア仲間の親戚からお借りしました。
農業に取り組む上で大切にしていること、今後の目標など
今後の目標 原村に定住すること 家族のような仲間がたくさんいる環境を大切にしたい 「なにこれ?美味しい!」 と言ってもらえるように頑張る。 昨年、八ヶ岳ギフトから取材を受けた時に 「なぜ、ほおずきの栽培を続けているのか?」 と質問を受けて、自問自答したところ、自分の口から 「お客さんがびっくりするから」と答えがでました。 ほおずきの従来のイメージを覆す、甘酸っぱさから 「なにこれ?美味しい!」と喜んでいただけるお客さんが多いからです。 この時に、自分はお客さんに喜んでもらえるから、野菜を作っているんだと気づきました。 お客さんに喜んでもらいたい というのは よくある話なのですが、自分がここに気づくまでにはずいぶんと時間がかかりました。 これからも 「なにこれ?美味しい!」 と喜んでもらえるように野菜を栽培、販売していきます。
新規就農に関する社会状況や問題点など
貯金が絶対に必要
野菜の栽培の前に経営
キャッシュフローの知識があるといいと思います。
就農希望者の受け入れ
いつでも相談しに来てください。
就農希望者へのメッセージ
夢と現実のバランス感覚が大切。
お金は大事。お金ではないものも大事
偏らないこと。
連絡先
農園主氏名
池渕 崇
農園郵便番号
391-0108
農園住所
長野県諏訪郡原村中新田13734
農園電話番号
080-6302-2432
農園メールアドレス
toda24@po31.lcv.ne.jp