農園名
Farmめぐる
農園プロフィール
野菜栽培の土台である土の生物の多様性を広げるため、土壌分析に基づいた有機栽培を行っており、JAS認証を取得しています。
家族・友人・仲間との食卓が豊かになり、会話が生まれ、絆が深まる・・・。そんな人の環(わ)を築いていくお手伝いができれば、私たちは幸せです。
営農地域
長野県佐久市協和・布施・春日
主な販売品目
レタス、ズッキーニ、インゲンを主軸に旬の野菜を栽培。寒干し大根、トマトソース、ニンジンジュースなどの加工品にも取り組んでいます。
主な販売先
大手宅配会社等への契約出荷、スーパー等
経営規模
畑(5ha)
農地(購入地/借地/自家用地)
全て借地
家族構成
本人、妻、娘、犬一匹
農業従事者
本人、妻、両親、社員(4名)、住み込みバイト
農業機械、施設など
トラクター3台、マルチャー、ハンマーモア、管理機、草刈機、チェンソー、ウッドチッパー、歩行型ライムソアー(いずれも中古)
農業機械、施設等の入手経緯や方法
信頼できる機械屋さんとのコミュニケーションがきっかけで、多くの機械に巡り合いました。任せっきりにせず、常々勉強することが大切だと感じています。
就農しようと思ったわけ
学生時代に農家での住み込みバイトを経験し、農業は人々の食を支える重要な仕事であり、かつ、やりがいのある、清々しい仕事であることを知った。ただ、世の中を知ることも重要であると思い、就職をしたが、いつか自分で農業経営をするんだという思いは片隅に置いて仕事をしていた(と、今では思う)。仕事をしながらも、休日には各地へ農業体験へ出向き、徐々に農業へと舵を切っていった。
農業技術の習得
里親研修、全国各地の農家の圃場見学、信州ぷ組における各種イベント、スカイプ勉強会、種苗会社を招いての講習会等
他の農家を見学させてもらうことが最も勉強になります。
研修など
東京・調布の多品目栽培農家で研修(1年半)、里親研修(1年)
栽培作物を選んだ理由
レタス、インゲン=年間を通じて需要があるオーソドックスな野菜であるから。
ズッキーニ=地域の特産品であり、土地利用型作物であり、規模を拡大できるから。
多品目野菜=旬のおいしい野菜をお客様にご提供しつつ、自分たちでも旬を楽しみたいから。
利用した資金制度
制度資金利用なし(数年間無収入でも一家離散しないだけの蓄えをした)。
農地の見つけ方
佐久に来て、出会う人のほとんどの方に「畑を探しています」とアピールし続け、就農時に1haを確保することができた。また、就農してほどなく、開墾が必要ではあるが、場所もよくまとまった畑1haを確保した。出会った方のなかに、地域のキーパーソンである方が多かったことはラッキーだった。条件は様々だが、貪欲に探すことが肝要だと思う。
就農後の紆余曲折
2012年5月 遅霜でズッキーニ一番手壊滅的被害・・・
2012年9月 作付不足でお客様に泣き言・・・
2012年10月 ほうれん草の出荷地獄・・・(これは嬉しい悲鳴です)
2013年5月 スナックエンドウがアブラムシ害により全滅・・・
2013年9月 ほうれん草簡易雨除け栽培に挑戦!→大成功!
2014年4月 地主さんとのトラブルにより、出荷場移転・・・。
2014年10月 めぐる寮(スタッフ寮)購入。自然エネルギーハウスを目指しセルフリノベーション。
2015年5月 ほうれん草がトウ立ちし、20a分を刈り捨てる。
2015年10月 ほうれん草がツルヤに全店出荷される。
2016年3月 めぐるオフィス稼働開始。
農業に取り組む上で大切にしていること、今後の目標など
有機栽培だから、おいしい野菜ができるとは思っていない。高い晴天率や昼夜の寒暖差のおかげで野菜が健康に育つことがおいしさにつながっていると思うので、私たちはその御膳立てに徹する。
新規就農に関する社会状況や問題点など
地域への浸透が第一だと思います(周囲の噂話が自分のところに入ってくるようになれば、浸透の第一関門は突破しているかもしれません)。
「自分なりに頑張っている」とか「新規就農者のわりには頑張っている」では、生きていけない世界ですし、サラリーマンを経験された方はいかにこれまで自分が会社の看板で仕事をしてきたかを思い知らされます。「ぷ組」のような刺激ある仲間とともに自分自身を磨くことを決して惜しんではいけないと思います。
就農希望者の受け入れ
事前連絡をいただいたうえで、日程を調整し、お会いしましょう。
栽培品目の絞り込みを考えており、販路、有機圃場等を引き継いでいただける方を研修生として募集しています。
2年間の研修の後、地域に根差した農家になっていただければとの思いです。
就農希望者へのメッセージ
これまで、培ってこられた人のつながりが大きな力になりますし、これからできるであろう、農業者同士のつながりも大きな力になります。人の御縁を大切にしてください。きっと、道は開きます。
その他
住居を探すのに大変苦労した。周囲に「空家」は多いものの、「貸家」が少ない…。結局、メインの畑までは10分の通勤を余儀なくされている。(が、もう慣れた) 農業で生計を立てることこそが、閉塞感のある地域に風穴をあけることができるという覚悟をもっています。自分で3000万を稼ぐよりも、1000万を稼ぐ農家が増えることが地域の農業を盛り上げることができると思っています。
研修・アルバイト情報
研修生を募集しています。
連絡先
農園主氏名
吉田 典生
農園郵便番号
384-2205
農園住所
長野県佐久市春日720-25
農園電話番号
090-4252-7364
農園ファクス番号
050-3156-7135
農園メールアドレス
farm.meguru@gmail.com